後悔しないための賢い痩身エステの選び方~4つのポイント~

ダイエットに効果があると絶大な人気を誇る痩身エステ。今回は、痩身エステに行ってみたい方のために、エステサロンの選び方や気になる費用についてご説明します。

痩身エステの選び方

痩身エステの種類

一言に痩身エステと言っても、様々な種類があります。また、エステティックサロンの規模についてもサロン選びの重要なポイントです。大手全国チェーンと数店舗の個人経営サロンでは、施術方法も違ってきます。どちらにもメリットデメリットがあります。まずは、どのような施術があるのかを見ていきましょう。

痩身エステの施術は、手によるハンドマッサージと、美容マシンを使う施術とに分けられます。どちらの施術にも、良さがあります。自分が求める効果から、選ぶことがオススメです。

ハンドマッサージによる施術

ダイエット効果の他にも全身のスキンケア=ボディケア&リラグゼーション効果も得ることができ、身も心もすっきりとします。

ただ、ハンドマッサージによる施術は、エステティシャンの技術で効果が左右されることが多く、口コミや評判だけで判断せず、ご自分で一度体験コースを受けてみて、施術内容やエステティシャンの技術を確認することが大切です。

美容マシンによる施術

美容マシンによる施術では、エステティシャンによる効果の違いが少なく、誰でも効果を得ることができます。また、最新のマシンを使うことで、部分痩せやセルライト除去など、自宅でのセルフケアでは効果が出にくい痩身効果を得ることができます。

マシンによる施術にも様々な種類があり、痛みを伴うものもあるので、お試しコースで一度体験してみることをオススメします。

サロンを選ぶ際のポイント

サロンを選ぶ際のポイントはたくさんあります。その中でも、大切な4点のポイントをご紹介します。自分の中で大切なポイントを確認してみましょう。

1つ目のポイントは、受けたいコースがあるかどうかです。

サロンごとに、部分痩せコースや全身コース、ハンドマッサージとマシンを組み合わせるコースなど様々なコースがあります。

また、ハンドマッサージの中でも、エステティック本流のリンパドレナージュ、鍼灸&指圧など東洋美容を応用したもの、骨にアプローチする整体を応用したものというように、様々な痩身エステコースがあります。

部分痩せコースの有無

気になる部位が決まっている場合は、その部位の部分痩せコースがあるかどうかを確認しましょう。ここで、注意したいのはエステ業界では部分痩せは難しいというのが定説でしたが、現在は、部分痩せを売りにする痩身エステサロンもあります。

ただ既にに全体的に痩せている方が、さらに太ももだけ、二の腕だけもっと細くしたい!という部分痩せは、現在も困難だとという事を認識しておきましょう。

2つ目のポイントは、大手チェーンor個人サロンどちらを選ぶか?です。

大手チェーンのメリット&デメリット

メリットは、最新の美容痩身マシンが頻繁に導入される。経験と実績がありデータの蓄積と研究の成果が施術に反映されている。管理栄養士が作成した食事プランの提案がある。デメリットは、個人サロンに比べ施術料金が高い。担当エステティシャンが変わりやすい、勧誘がしつこい。

個人サロンのメリット&デメリット

メリットは、ハンドマッサージの技術が比較的高い。担当エステティシャンがマンツーマンで対応する。施術料金が比較的安い。デメリットは、最新美容マシンの導入が少ない。栄養士のいるサロンは少ない。担当エステティシャンの変更が困難

重要なのは相性

上記のように、大手チェーン、個人サロンそれぞれメリット&デメリットがあります。ここで重要なのは、担当エステティシャンとの相性です。現在流行の、驚異的な痩身効果を売りにするパーソナルトレーニングジムは、マンツーマンのコーチングシステムを採用しています。

痩身エステも、以前から担当エステティシャンがマンツーマンで施術&指導する形態をとっています。個人サロンの場合、オーナーエステティシャン一人のサロンも珍しくありません。ダイエットへのモチベーションをキープするには、担当エステティシャンとの相性が重用なポイントです。

3つ目のポイントは、立地&アクセスの良さです。

痩身エステは、数回通うコースであることが多く、自宅から遠すぎたり、立地が悪いと足が遠のいてしまいます。通勤途中にある駅前のサロンやオフィス&自宅近くのサロン、よく行くショッピングモールの中にあるサロンを選ぶことをオススメします。

4つ目は、店舗の雰囲気やエステティシャンの対応&勧誘の有無です。

いくら施術が良くても、店舗の雰囲気やエステティシャンの対応が自分に合っていないと、リラックス効果も半減してしまいます。店舗の雰囲気や、施術スペースの仕切りの有無などを確認してみましょう。また、痩身エステを体験キャンペーンで利用する場合、ほぼ確実に勧誘されます。ただ、勧誘が無いことを売りとしているサロンもあります。勧誘を断るのが苦手な方は、勧誘が無いサロンを選んだ方が安心して施術を受けることができるでしょう。

痩身エステの費用

費用の支払い方法

痩身エステに通うときに気になるのが費用ですよね。費用は、サロンによって様々です。安ければ良いというわけでも、高ければ悪いというわけでもありません。最新美容マシンを導入している大手チェーンは比較的施術料金が高く、ハンドマッサージオンリーの個人サロンは、料金が安い傾向にあります。

また、部分痩せを売りにするゴッドハンドのカリスマエステティシャンの個人サロンは、ハンドマッサージオンリーでも施術料金は高めです。支払い方法などを確認して、自分に合ったサロンを選びましょう。

痩身エステの支払い方法は、主に3種類あります。一回の施術ごとに施術代金を支払う方法と、コースごとに決まっている料金を支払う方法、月額払いで支払う方法の3種類です。

一回の施術ごとに支払う場合、一回の施術にかかる費用は、およそ1万円から3万円と言われています。ただ、これは施術を受ける部位等にも左右されます。割引がない場合が多いようです。

コースの場合

やはり単発よりも、ある程度の期間しっかりとエステティシャンと二人三脚で取り組むことでより効果を発揮することができます。コース料金を支払う場合、コース料金は15万円から30万円と言われています。コース料金は、最初にまとめて支払わなければいけないサロンもあれば、分割払いにできるサロンもあります。最初に確認しましょう。

月額払いを実施しているサロンはまだ数少ないです。月額払いの場合は、月額1万円から3万円で、月に2回から3回エステに通うのが一般的です。都市部に多いので、都市部のサロンをお探しの方は、選択肢のひとつに入れてみても良いかもしれません。

費用の注意点

痩身エステには、施術代金の他にも、費用がかかる場合があります。入会金や、セルフケア用商品の購入です。コース料金が安くても、セルフケア用品の購入が必須である場合もあるので、最初に確認することが大切です。

施術費用だけにまどわされるのではなく、他の費用がかかるのかどうかも確認するようにしましょう。

まとめ

痩身エステの選び方と費用についてご紹介しました。効率的にダイエットをすることができる痩身エステ。是非、ご自身に合ったサロンを見つけて、自宅ケアでは味わえないダイエット効果を体験してみてください。

チカのイチ押し痩身エステランキング

第1位ヴィトゥレ
初月0円全国展開満足度90%
現役エステティシャンのコメント
全国19店舗、19年の実績があります。初月0円月々3600円~キャビテーション&オーダーメイドエステが受けられます。無理な勧誘もなく他に比べて予約が取りやすいのが魅力です。都市部にしかないのが残念ですが、コスパが非常にいいので通える範囲にある方には絶対おすすめです。詳しくはこちら
第2位スリムビューティハウス
口コミ総合一位全国展開70分体験
現役エステティシャンのコメント
初回70分ワンコイン体験がお得すぎです。個人エステでは不可能なレベルの料金かと思います。施術メソッドもしっかりしており骨盤のゆがみを少しづつ調整することで目に見えて痩身効果が得られます。カッピングによる痩せやすい体質を目指し、ハンドトリートメントによって脂肪燃焼を促進させます。詳しくはこちら 実際の体験談はこちら
第3位ソシエ ボディエステ
完全個室全国展開タラソテラピー
現役エステティシャンのコメント
エンダモロジーやハンドベルト、ボディラップなど自分に合ったプランで無理なく高い効果を期待できるうえに、目標達成のご褒美としてエステティックチケットがプレゼントされるということでより結果を出そうと自分のモチベーションも上がります。 詳しくはこちら

関連する記事



error: Content is protected !!